『ヨーグルト』(笑顔)また、自分で作ってみるのも良いと思いますよ。試してみてください。発酵食品レシピとして、ヨーグルトのレシピを挙げてみたいと思います。(笑顔)<手作りヨーグルト>※材料※牛乳 500cc市販のヨーグルト(お好きな物で可) 50ccスプーン1本(大さじ1位の大きさ)※作り方※牛乳の殺菌処理を行います。

鍋に牛乳と砂糖を入れて混ぜてください。そして、40度位になるまで冷まします。そこにヨーグルトを入れる容器を用意します。またスプーンを1本入れて煮沸消毒してください。煮沸消毒した容器に2で冷ました牛乳を入れます。プレーンタイプのお好みのヨーグルトをスプーンで2杯分入れます。※室温30度から40度の所で丸一日保温します。※ポイント※雑菌が混入しないように作る事ですね。

これだけの工程で簡単にヨーグルトが作れます。(笑顔)もし毎日の日課として作っていきたいと言う人は、ヨーグルトを作る機械等を使うと簡単に作れると思います。お勧めしますよ。このように発酵食品のヨーグルトを作って是非とも毎日のように取り入れてみてくださいね。

今、便秘に効く食べ物を毎日食べています。

それはバナナにヨーグルトです。

ほんと毎朝摂っています。

食しているうちに、便秘がましになってきました。

あのようにも頑固で、ひどかった便秘が解放されて、便秘薬を飲むことも なくなっちゃいました。

差し当たって ポッコリしていたお腹も、痩せてきていて嬉しいです。

乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るというところでは一緒ですが、ビフィズス菌にはそれ以外にも、酢酸などの成分も、作る能力があるのだそうです。

ノロウィルスの対策に良いと考えられているのですね。

近頃は、様々な感染症についての聞く機会も増えたので、、意識しながら摂るといいかもしれません。

おなによる臭いに悩んでいる方は乳酸菌が効きます。

おならによる臭いの原因は腸内にある悪玉菌によるものだとされています。

というわけで、腸の善玉菌を増やすことで、悪玉菌の増加を防止する働きのある乳酸菌を積極的に、継続して摂ることで臭気をだいぶ抑えることが出来ます。

腸や体の健康のために乳酸菌が役立つのは誰でも理解できます。

しかし、乳酸器は胃酸が苦手なので、積極的に食べても胃酸で死んでしまって効果は期待薄ではというふうに思っている人もいます。

実は乳酸菌が生きているかどうかは重要なことではなく摂るだけで腸の免疫機能がアップして、従って身体全体の健康にとても効果的です。

この前、インフルエンザになって病院に診てもらいに行きました。

どれくらい潜伏期間があるのか明確ではないのですが、いつかインフルエンザにかかっている人と接触して感染したのだろうなと考えられます。

高い熱が3日わたって出て苦しい思いをしました。

高い熱が続くインフルエンザは、通常の風邪より辛いですね。

どうして私が便秘になったのかというと、日頃の運動が足りないせいでしょう。

会社への毎日車で通勤しているので、歩く事もほとんどないのです。

犬などのペットがいるわけでもないので、散歩に行くようなこともないのです。

そういった理由で、私は便秘なのだと考えています。

まず、便秘解消のためにも、ウォーキングを今日から始めることにしました。

ツボで聞くことが多いのは、おへそから両側に指2本分程離れた場所で存在する天枢(てんすう)です。

へその下5cmくらいの腹結(ふっけつ)と言われるツボも効くと思います。

手の近くには支溝(しこう)と外関(がいかん)と、いうツボがあります。

色々なタイプの便秘によっても、効くツボが違うので、自身に適したツボを押すと改善が見られやすいでしょう。

最近、乳酸菌がアトピーをよくすることが解明されてきました。

アトピーを誘因するものはいろいろありますが、毎日、毎日たまるストレスや偏っている食事などによって原因となることもあります。

多くのアトピー患者は腸の状態がよくないため、乳酸菌を使って腸内環境を整えることが完治するための方法となるわkです。

アトピーの治療には食事も大事になります。

アトピーに効果的な食事にすることで綺麗な皮膚へと生まれかわることができると思います。

胃腸などの消化器系へ配慮して免疫力を良くする成分としてヨーグルトや大豆食品といった食品を毎日適度に摂取するとアトピーの改善に良い方法です。

あなたがインフルエンザと診断されてしまったら、まずは栄養だけでもしっかりと摂るために食事を抜いてはなりません。

市販薬も重要ですが、栄養補給も大切です。

早急にインフルエンザを完治させるためにも、水分と栄養の補給は忘れずに行いましょう。

朝昼晩と食欲がわかなかったとしても、消化が良くて栄養満点なものをできるだけ摂るようにしてくださいね。

いわゆる乳製品でなくても、乳酸菌入りの食品があると知り、乳酸菌について調べてみました。

いろいろ調べてみたら、実は乳酸の菌という意味ではなくて、化学反応によって乳酸を作り出す菌類をそう呼ぶのだそうです。

これは常識なのですか?私は30年以上生きてきて、生まれて初めて知った事実です。

ここ最近は年ごとに冬が来るとインフルエンザが大流行しています。

年々予防注射で予防する人も増加していきていますが、都市部ではかなりの人数が感染しています。

実際の感染の原因は色々考えられますが、通勤中の電車や街中、職場など、大人数と触れる場所で感染しているのではないでしょうか。

インフルエンザの感染が判明すると学校に出席することが5日間できなくなります。

もし、インフルエンザに感染してしまっても、発熱は2、3日で治まるので、登校する意欲がわいてしまうかもしれません。

熱が下がったあとでも体の中にはにウィルスが含まれており、うつしてしまう場合があります。

なので、お休み期間は守ることが集団感染を防ぐのに大切なことです。

娘のインフルエンザの予防注射に伺いました。

注射の瞬間は痛そうで、怖くて見ないのに、子供は6歳ながら、注射の針を凝視して注射針を注入されています。

注射が終了した後は怖かったーとつぶやしていました。

見ているから、普通以上に怖いんじゃないかな?と想像しましたが、あまり話せませんでした。

インフルエンザは風邪とは違うもの言われているようです。

症状は1日から5日あたりの潜伏期間後、短時間で高熱に達し、3日から7日は最低それが続きます。

タイプによって、関節の痛み、腹痛や下痢など症状に小さな相違が見られます。

しかし、肺炎をおこしたり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、怖くもある感染症です。

関連ページ